ウィンナーコーヒー

コーヒー
スポンサーリンク

由来

ウィンナーコーヒーのウィンナーの由来は、オーストリアの首都・ウィーンからきています。

ウィーン風のコーヒーと言う意味から、ウィンナーコーヒーと呼ばれるようになりました。

ウィンナーコーヒーもアメリカンコーヒーも、日本でのみ使われている呼び方であり、本場のオーストリアやアメリカのカフェで注文しても通じないんです。

作り方

  • コーヒー
  • ホイップクリーム

コーヒーを淹れてホイップクリームを上に注ぐだけ。

感想

クリームのっけてから少し経つと、クリームが模様のようにたれてきます。

普通はホイップクリームを使うのですが、ホイップクリームは乳脂肪に似せた植物性の原料で作られているものになるので、牛乳から取った動物性の脂肪分を使っている生クリームを使って作るのが私は好きです。

コーヒーも深煎りの酸味が少ないコーヒーにするとより美味しくなると思います。

アレンジ

シナモンをかけて

飲む時にシナモンの香りがふわっとしてウィンナーコーヒーとも合います。

ヘーゼルナッツ

  • コーヒー100ml
  • ホットミルク100ml
  • ヘーゼルナッツ10ml

コーヒーとホットミルクを入れて
ヘーゼルナッツシロップ10mlをまぜます
生クリームのせて
エスプレッソ用に挽いたコーヒー豆をまぶします。

甘すぎなくて、上にまぶしたコーヒーの粉末がいい感じに苦みを与えてくれるます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました