Azumino City, Nagano Prefecture(長野県安曇野市)

sightseeing(観光)

Daio Wasabi Farm(大王わさび農場)

It took 20 years to turn the overgrown area into a wasabi production area.

Wasabi has antibacterial properties and has been eaten since ancient times. Wasabi is served with the sushi, but since it is not heated, the antibacterial properties of wasabi may have been used to prevent food poisoning.

There are two types of wasabi: “sawa wasabi”, which is grown in clean water, and “hata wasabi”, which is grown in fields.

ここは雑草の生い茂る場所を20年という歳月をかけてわさびの産地にしました。

わさびには抗菌性があり昔から食されていて、寿司にわさびをつけますが、加熱調理をしていないので食中毒を防ぐ為にわさびの抗菌性を生かしたのでしょう。

わさびには綺麗な水を使う水生栽培の「沢わさび」と畑で作る「畑わさび」があります。

Sawa Wasabi takes two to three years to grow in clean water.

沢わさびはキレイな水がある場所で2〜3年かかり大きさも小さく、香りや辛みはすぐに飛んでしまいます。

Outside Japan, horseradish is colored green.

In Japan, grated wasabi is rarely eaten.

Uses inexpensive commercial tubes

Even Japanese people don’t have many opportunities to eat really delicious wasabi.

日本のチューブに入っている安価な物や海外のわさびは、西洋わさび(ホースラディッシュ)としてヨーロッパ北部で栽培された白っぽいわさびを緑に着色していたり、日本のわさびと混ぜてある物を使用している事がほとんどです。

その為に、本物の味のわさびは日本人でも口にする機会は少ないです。

出典 大王わさび農場ホームページ

At the Daio Wasabi Farm, you can grate wasabi and enjoy its flavor and spiciness.

大王わさび農場ではわさびをすりおろして、風味や辛味を楽しみながら食事が出来ます。

There is also soft serve ice cream with wasabi, so if you are interested, please check it out.

わさび入りのソフトクリームもあるので、挑戦したい方は食べてみて下さい。

大王わさび農場 | 信州安曇野に広がる日本一のわさび園
信州安曇野に広がる日本一のわさび園

Google map

Tripadvisor

コメント

タイトルとURLをコピーしました