コロンビアのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

コロンビアのコーヒー豆とは

起源は1730年~32年頃に、東部タバヘにあるサンタ・テレサのキリスト教修道院に植えられたコーヒーの木が始まりとされています。

1835年になって初めて「コロンビアコーヒー」として輸出され、徐々に世界のマーケットに広まって行きました。

コロンビアは国土の大半が山岳地帯のため、高度によって自然環境が変わる多様性を持っています

コロンビアのコーヒーの栽培品種は、アラビカ種がほとんどで、小規模農園での生産が多く、栽培から収穫のほとんどが人の手によって行われています。

栽培量は2018年生産量は年間およそ83万トンで、ブラジル、ベトナムに次いで世界第3位のコーヒー大国です。

コロンビアでのコーヒー豆の品質は、大きさでグレードが決まり、一番大きな高品質とされるグレードは「エクセルソ プレミアム」と呼ばれます。

良く知られた名前の、「エメラルドマウンテン」はコロンビアで収穫されたコーヒーで、コロンビアのコーヒー豆の中から選び抜かれた、わずか3%にも満たないコーヒーだけが、宝石「エメラルド」の名を冠することができる最高品質のコーヒー豆です。

コロンビアのコーヒー豆の味

フルーティーな香りで、コクもあり、苦みと酸味のバランスが良くクセがない飲みやすい味です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました