コスタリカのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

コスタリカのコーヒー豆とは

コスタリカは、中央アメリカで最初にコーヒーの木の栽培を行った国といわれています。18世紀頃キューバからコーヒー豆が持ち込まれたのがきっかけとなっています。

19世紀の初め頃には、他国へ輸出できるまでの生産量になり、コーヒー豆の安定した供給と、ブランドや品質を守る為に1933年コスタリカコーヒー協会(CICAFE)が設立されました。

1988年コスタリカの政府はアラビカ種以外のコーヒー豆の生産を禁止する法律を制定した為、アラビカ種のみの生産となっています。

コスタリカのコーヒーの木の75%が、標高1,000m~1,700mの高地で栽培されていて気温は17度~23度になります。

コスタリカには火山帯があり、火山灰によって、豊富なミネラルがあり、コーヒーの木の栽培に適した栄養分が含まれています。

年間7万6000トンほどコーヒー豆を生産しており、その量は世界で20位以内です。

コスタリカは「ハニープロセス」という精製方法になってます。

コスタリカのコーヒー豆の味は

コスタリカのコーヒーは、豊かな酸味が特長で、熟れたチェリーのような酸味です。苦味は控えめで、深いコクを味わえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました