エルサルバドルのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

エルサルバドルのコーヒー豆とは

エルサルバドルのコーヒーの栽培が本格的に始まったのは1858年、政府の主導で半強制的にコーヒー豆の栽培をさせたのが始まりでした。

政府はコーヒーの生産に対して非常に協力的で、国立農政省コーヒー研究所と呼ばれる組織では、品種改良や生産技術の研究が行われています。

エルサルバドルの国土面積は小さな国ですが、火山が20以上ある火山地帯でもあります。火山灰を多く含んだ土壌はミネラルが豊富で、コーヒーの木にしっかりと栄養を与えられます。

エルサルバドルのコーヒー栽培は、国の農業生産の約30%を占めていると言われていて輸出総額は全体の約50%です。

栽培してるコーヒーの品種はブルボン種がメインで、格付けは栽培された場所の標高の高さで格付けされるのが特長になっています。

エルサルバドルのコーヒー豆の味は

酸味がマイルドで後味がスッキリしているのが特長で、苦みが後に残りにくく、豊かな香りが楽しめ非常に飲みやすいコーヒーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました