エチオピアのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

エチオピアのコーヒー豆とは

エチオピアはコーヒーの起源の1つとされていて羊飼いの少年が、コーヒーの実をヤギ達が食べているのを見たことによって、コーヒーの実が発見されたといわれています。

エチオピアはコーヒー大国と呼ばれていて、国民の1割以上がコーヒー産業に関わっており生産量は世界で第7位です。

「モカコーヒー」という言葉がありますがエチオピアのイエメンのモカ港から輸出されたコーヒーのことでモカコーヒーと呼ばれたのが由来です。

エチオピアのコーヒー豆の味は

フルーティーな香りが印象的で酸味が強めです。

・「モカコーヒー」モカは爽やかな酸味が特長で、甘味とコクがしっかりあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました