グァテマラのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

グァテマラのコーヒー豆とは

グァテマラは国土の約70%が火山に囲まれた山岳地帯で厳しい寒暖差や豊富な雨量、火山灰の土壌などコーヒー栽培に適しており、高い品質のコーヒー豆を生産しています。

グァテマラは産地の標高によって7等級に分けられていて標高が高いほど等級が上で、標高1350m以上で栽培されている豆のみが、最高等級の(SHBストリクトリーハードビーン)となります。

グァテマラのコーヒー豆の味は

甘い香りとやや強めの果実のような酸味で、ほどよいコクがありバランスはいい方の豆です。

・「アンティグア」は国内生産量のわずか4%で
標高の高さ、昼夜の寒暖差の大きさ、ミネラルの豊富な火山性土壌で育てられ、通常のガテマラと飲み比べても存在感のある綺麗な酸味があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました