八海山雪室珈琲

ドリップバックコーヒー

雪室とは

雪室とは、雪の力で冷やした天然の冷蔵庫、室内は温度0℃・湿度90%以上の一定した環境で、電気振動がなく光や乾燥による食品への影響が少ないため、鮮度を保ち美味しさの向上が出来る所です。

八海山

この雪室でコーヒー豆を低温熟成させることで雑味と苦みの角がとれたまろやかな味わいに仕上がったコーヒー豆の事です。

この珈琲が生まれた魚沼の里とは

出典 魚沼の里

昔ながらの生活の知恵を活かし、季節の移り変わりを感じながら生きていく暮らしを、今も大切に受け継いでいる地域です。「魚沼の里」はそんな魚沼の暮らしや雪国の文化を通じて「郷愁とやすらぎを感じていただきたい」という想いから誕生しました。

ユキムロカフェ

この里には、清酒八海山を製造する第二浩和蔵、カフェ、売店、キッチン雑貨店等、そば屋 長森、菓子処、猿倉山ビール、さとやベーカリーなどいろいろな施設が入っています。

使っている豆

ブラジル

コロンビア

・ホンジュラス

・他

販売者

有限会社魚沼新潟物産

入手場所

魚沼の里(雪室千年こうじや)

感想

苦味 ☆☆☆

コク ☆☆☆☆

酸味 ☆☆

香り ☆☆☆

奥行のあるしっかりとした飲みごたえのあるコクを感じます。雪室というのとブレンドのおかげもあってかバランスもよく丸みのある味わいになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました