インドネシアのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

インドネシアのコーヒー豆とは

実はインドネシアは世界第4位のコーヒー大国で、1690年代にジャワ島にアラビカ種のコーヒーを持ち込んだのが始まりだと言われています。

現在は、ロブスタ種の栽培がほとんどでスマトラ島で栽培しています。

スマトラ島の高地で栽培しているアラビカ種は「マンデリン」という商品名で販売されていて、スラウェシ島の「トラジャ」等も有名です。

インドネシアのコーヒー豆の等級は、300gのコーヒー豆に含まれている欠点豆の数により決めらておりG1〜G6まであり、G1が1番欠点豆が少ないです。

インドネシアのコーヒー豆の味は

島によって味が異なります。

・「ジャワコーヒー」は香り・苦み・コクがあり酸味が少ないです。

・「マンデリン」は苦みと深いコクがあり酸味は少ないです

・「ジャコウネココーヒー」は香りや風味がすばらしくが高価です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました