恋愛を理解する為に論文、研究、書籍から得られた誰にでも当てはまる知識を紹介⑰

恋愛について
スポンサーリンク

長続きする恋愛は主導権が片方にある

(参考 カリフォルニア大学のダイアン・フェンリー教授)

どちらも譲るのが良さそうですが、実際にはどうなのでしょうか?

実験が行われ恋人がいる413名の学生たちに、2人のうちどちらが主導権を握っていますか?と尋ねた後に、対等な関係だと答えた人とどちらかに主導権があると答えた人のその後の交際を観察しました。

その結果、対等な関係だと答えた人よりも、一方に主導権があると答えた人の方がより長く交際をしていました。

理由として、対等な関係は問題について話し合う時に決定権を持つ人が存在しないので、話し合いは平行線のままの主張になり喧嘩になる可能性が高くなる為だとされました。

なのでどちらかに主導権がある恋愛関係は長く続く関係となっています。

結婚年数が経つほどに相手の事を知らなくなる

(参考 カリフォルニア大学のシェリー・キルパトリック教授)

相手との付き合いが長くなる程に相手の事を知っていると思いますが、どれくらい相手の事を知っているのでしょう?

調査が行われ、新婚夫婦55組が結婚3年の間に、今どんな気持ちなのか、何を考えているのかをどれだけ正確に推測できるかどうかの変化を調べました。

毎年夫婦を呼び出し、二人が会話する様子を撮影した後に1人ずつ別室に呼び、録画した映像を見せながら、その時の自身の気持ちと相手の気持ちがどうだったかの聞き取りをして、3年目はどのような変化をしたのかを比較しました。

その結果、結婚年数が経つほど相手の気持ちや考えを推測することが出来なくなっていました。

これは最初の頃よりも、お互いの事について細かく知る必要性を感じなくなり、相手のことはもうすでに全て把握していると思い込んでいるので、考え方が変化していても相手の事を知ろうとせず、過去の捉え方のままでいる人が多い為です。

なので、お互いにまったく変わらない事はなく相手の事を思い込みだけで判断しないように、その都度修正していこうという気持ちが良い関係には大切です。

親との間にわだかまりがあると恋愛関係も悪くなる

(参考 釜山大学のアン・ウネ)

相手の親子関係は恋愛に影響しそうですが、どんな所を見れば良いのでしょう?

調査が行われ、成人382名を集めに今の恋愛の満足度と親と恋人の関わりについて尋ねて分析をしました。

その結果、親との間にわだかまりが多い人ほど、恋愛満足度も低く不幸せな恋愛をしていました。

これは、親とのわだかまりなどネガティブな感情を引きずっていて心理的な独立をしていないので、恋人との関係でも親との間で起こった問題を同じように繰り返して為です。

また、親との喧嘩で仲直りする過程や問題を解決する方法をきちんと学べていない証拠にもなるので他の人よりも問題を解決する能力が低いとも言えます。

なので恋人になる人や結婚しようとしている人に親とのわだかまりがあるのであれば、将来その問題を自分が抱える事になりかねないので後悔のない選択をすると良いでしょう。

悩みに対する夫婦での隠し事の違い

(参考 ヨーク大学 J・バーク・ロナルド博士)

夫婦に悩み事はつきませんが、お互いにどのように悩みを感じているのでしょう?

調査が行われ、夫婦189組にトラブルや悩みがある時に配偶者に100%事実を話せるかを質問し、話せないと答えた人たちの理由を聞き取りました。

その結果、夫妻で言えない理由には違いがありました。

妻の場合は、夫に負担をかけたり心配させたくなくない為に隠し事をしていて、

夫の場合は、家庭で頼れる存在でありたい為に、家庭にトラブルを持ち込まないように隠し事をしていました。

お互いの為と思い秘密にしていますが、積もり積もると良い展開にはならない可能性が高いので、妻は夫の家庭以外の事を聞いてあげるようにし、夫は家庭内での事を聞いてあげると夫婦間の壁が薄くなっていくでしょう。

嘘をついてる時の男女の差

(参考 京畿大学のチョン・ウビョン教授)

男性の方が嘘をつくのが下手なイメージはありますが、具体的にどんな所におかしな挙動があるのでしょう?

実験が行われ、学生をターゲットと仕掛け人のペアにして、重要な試験だと言って受けて貰いました。

試験が始まり、試験官が退出した後に、仕掛け人が偶然を装い落ちていた試験の答えを発見し、ターゲットをそそのかし答えを書き写させました。

試験終了後に試験官とターゲットを2人にして、答えを書き写したのかを問いました。

この結果、男女共通で嘘をつく時に仕草があり

  • しきりに笑う
  • 不自然な身振り手振りをする
  • しきりに耳、鼻、髪の毛を触る

という行動をとりましたが、言い訳をする際に男性だけ言葉が詰まる傾向がありました。

これは男女で話し方に違いがあり、女性は状況を把握し注意深く遠回しに話す傾向があり、男性は正直に話す傾向がある為です。

なので嘘のチェックをしたい時に、女性は男性の言葉の詰まり具合をチェックして、男性は女性が隠したい事を話せる第三者を使った状況作りや仕草だけに注目してみると嘘が見抜けるかも知れません。

付き合っている事を隠さない方が良い

(参考 コロラド州立大学のジャスティン博士)

秘密の恋にしておいて周りに言わない事による影響はあるのでしょうか?

恋人の事を隠そうとする362名を分析しました。

その結果、恋人の事を隠そうとする人は、公にして付き合っているカップルよりも、思いやりが24%低下し恋人との意思疎通も54%低下している事がわかりました。

これは、カップルが一緒にいらいろな人々に出会い、いろいろな経験することで成長を続けるという事が2人だけの狭い関係だと得られない為だとされています。

なので秘密にするのも良いですが、仲の良い人だけには打ち明けてみても良いでしょう。

浮気をさせない言葉

(参考 アムステルダム自由大学のミルテ・ハンブルク博士)

浮気はして欲しくないですが、具体的に何か対策はあるのでしょうか?

実験が行われ、恋人がいる男女157名を2つのパターンに分けて、魅力的な異性と10分間の会話をして貰った後に、もっと話をしたいかを尋ねました。

・実験前に博士が何も言わないパターン

・実験前に博士が「浮気をするようなタイプではなさそうですね」と言ったパターン

その結果、何も言わないパターンでは恋人がいるにも関わらず多くの参加者がもっと話したいと答えましたが、「浮気をするようなタイプではなさそうですね」と言われた参加者は魅力的な異性に興味を示しませんでした。

これは自己効力感とうもので、ある状況下に置かれたり目標を設定した時に、自分が適切にやり遂げられると信じる事を指していて、

実験前に浮気するようなタイプではないと言われ、誘惑には負けない人だと信じ込む事で、誘惑に打ち勝てた為です。

なので、恋人が浮気しそうで信用できないと伝えるより嘘であっても誠実な人と伝える方が良い行動をとるでしょう。

男性は動悸がないと共感力が落ちる

(参考 オレゴン大学のクレイン教授)

男性は共感力がないように思われますが、実際の所共感が苦手なのでしょうか?

実験が行われ、男女の参加者を2つのパターンに分けて、辛い状況に置かれた人達のインタビュー動画を見せ、この人達が今どんな気持ちなのか書いてくださいと指示しました。

・どんな気持ちかを当てたら賞金が出るパターン

・どんな気持ちかを当てても賞金が出ないパターン

この結果

女性達はどちらのパターンでも似たような回答をしましたが、男性は賞金か出るパターンだけ、共感度が2倍も高くなっていました

人が共感をするためには、共感能力と動機が必要で、共感能力の男女差は無いと言われていますが、

動悸の方で男性が目標や問題解決を重要視する為に何も得られない場合は動悸として不十分になってしまっているので賞金が動悸となり共感度が上がったのです。

なので、男性は共感能力が低い訳ではないので、馬に人参のように、目標などの動悸をぶら下げてあげると共感するようになっていくでしょう。

男女では感謝の受け取り方が違う

(参考 仁川大学のキム・ヒョチャン教授)

素直にお礼を言う男性はあまりいないような気がしますが、内心どのように感じているのでしょう?

実験が行われ、280名の男女にあなたの友人に何かをして貰った時に、感謝の気持ちとお礼についてどのように考えるのかを尋ねました。

その結果、男性の場合ほとんどの人は、ありがとうと軽く感謝の言葉を伝えると答えたが、女性の場合では、男性より34%も多く感謝の気持ちを抱いていました。

これは誰かに助けて貰った時の感じ方が男女で違っていて、

男性は他人に助けて貰う事を自分は弱い人やダメな人と思われてるように感じてしまい、自分が出来ないから助けて貰っていると自分を責めてしまいますが、

女性は素直に助けてくれたのだと好意的に受け取り感謝を表現するので、

男性は素直に感謝を表現しようとせず、女性は素直に感謝を表現しようとします。

なので女性が何かをしてあげても、男性は複雑な気持ちと葛藤しているので、男性の感謝の表現が少なく感じても大目に見てあげるとより良い関係を維持する事が出来るでしょう。

美女に気を取られる男性を阻止しようとすると浮気しやすくなる

(参考 ケンタッキー大学のドゥヴァール教授)

浮気はして欲しくないですが、具体的に何か対策はあるのでしょうか?

実験が行われ、恋人がいる男子学生を2つのパターンに分けて、モニターに映る綺麗な女性の写真と平凡な女性の写真を見せました。

①自由に女性の写真を見せたパターン

②平凡な女性の写真に不定期にイラストを映し、そのイラストが出てきたらボタンを押すように指示して写真を見たパターン(綺麗な女性に集中出来ない状況)

この実験後に、浮気についての考えと複数ある女性の写真の中からモニターの写真に使われた女性を探して貰いました。

この結果、②の綺麗な女性に集中出来ない状況のパターンの男性は、浮気に対して10%寛大な態度を示し、30%も綺麗な女性の写真を探し出していました。

これは、考えないようにしようとすればする程むしろその事ばかりを考えてしまうリバウンド効果というものです。

なので、女性が男性の本能を阻止をすると浮気をしやすくなるので、綺麗な女性に気を取られていてもあまり強くダメ出しをするのはオススメ出来ません。

この他にも恋愛についてのデータを紹介しています。

恋愛のデータ集
恋愛についてのいろいろな知識まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました