恋愛を理解する為に論文、研究、書籍から得られた誰にでも当てはまる知識を紹介⑦

恋愛について
スポンサーリンク
・異性が何を考えているのかさっぱりわからない?
・どういったコミュニケーションをしたらいいの?
・教えてくれる人や聞ける人が周りにいない
・読んだり聞いたりして知っていても、それが本当にあっているの?
・その雑誌等の情報に根拠はあるの?

実はこの恋愛についての悩みを解決する事が出来ます。

なぜならば恋愛について詳しい人達は多く存在し、世界の各大学で研究や実験が行われ論文になり、心理の研究も行われ、人の進化から考察した恋愛についての見解、専門的な事が書かれた本の出版もされていて、信頼のある情報が多くあるからです。

このブログでは、個人の見解よりも科学的に証明や実験をされていたり、恋愛について特化している人の意見を元に書いています。

なのでこの恋愛についてのブログ記事を読む事で周りの人に聞くよりも正確で万人に当てはまる信用の高い情報を得ることができ、読んだ内容を元に実行して貰えれば悩みは解消に向かい以前のあなたよりより良い恋愛が出来るようになります。

女性の約15.2%は浮気経験がある

(参考 相模ゴム工業株式会社)

全国の20代~60代男女14,100名を対象におこなった「セックス」に関する調査の中に浮気に関する項目で、女性全体では

・特定の浮気相手が1人いると答えた人は13.6%

・複数の相手がいると答えた人は0.9%

・特定ではないが、パートナー以外ともセックスをしていると答えた人が0.7%

という結果で15.2%も浮気をしていて、6~7人に1人は浮気経験がある言う事になります。

この結果ですが、ゴムメーカーの質問に答える人自体が浮気傾向が高いのではないのかという事もありますので参考程度に考えた方がいいかも知れません。

また彼氏がいつもゴムを準備しているのに、彼女の検索履歴にゴムの事がのっていたら怪しいかも知れませんね。

本音を言い合えるかどうかが重要

研究が行われ156組の夫婦と13年間定期的に面談した追跡研究(54組の夫婦が期間中に離婚)によると、喧嘩の頻度や有無はカップルが良好な関係を続けるかどうか左右するほど、大きな要素ではないことがわかりました。

重要な要素になったのは

・お互いに本音を言えている

・関係が悪くなった時に向き合って話し合える

・相手の本音を受け止めそれを乗り越えらえる

喧嘩をしてお互いに本音を言い合っても、その都度仲直りできていればいい関係になりますね。

逆に本音を隠すと続かないという事になりそうです。

幸せな結婚で長生きになる

(参考 2014年に行われた寿命に関するメタ分析)

※メタ分析(メタアナリシス)とは複数の研究を統合し,いろいろな角度からそれらを統合したり比較したりする分析研究法である。

出典 ウィキペディア

この研究で、結婚している人は独身で一人暮らしの人に比べて長生きをするということが明らかになりました。

特に長生きをする人達に共通していたのは、自ら望んだ相手と結婚して、幸せな結婚生活を維持できた人達だと言う事も分かっています。

やはり望まない結婚や孤独は寿命と関係があるので、いい相手と結婚を出来るように異性を見る目を鍛えた方が良さそうですね。

初対面の異性への好意は90%の確率で的中

(参考 イスラエルの大学の研究)

この研究から分かったことは、

なんとなくこの人と気が合いそうといった、最初の直感は、90%近い確率で的中することが証明されました。

なぜこの結果になるかというと、過去の経験の記憶によるもので、曖昧さや感覚的な判断ではなく、経験上の判断を下している為です。

その為にあなたがこれまで生きてきた間に出会ってきた人の数が多ければ多いほど、好意を感じる相手を見抜く精度が高まっていきます。

あなたが、恋愛相談で友達に異性の判断を任せるよりも自分の直感を信じて交際に踏み切った方が良い結果になると言えるでしょう。

別れの原因は金銭感覚の不一致

(参考 カンザス州立大学)

研究が行われ4500組のカップルを7年間追跡調査しました。

その結果

別れの原因の圧倒的1位が、お金に関する意見の違いで、お金の使い方などの価値観で口論になった場合、それが原因で別れていました。

またお金の問題にはいろいろな場合がありますが、お金がある場合、お金がない場合、借金がある場合などの貧富の差に関係はありませんでした。

お金は人生のさまざまな場面での関わりがあり、その価値観が大きく異なれば、大きくすれ違っていくという事になります。

もしあなたにあまりお金がない場合で、お金持ちと結婚したい時には、お金に対する感覚が大きく異なると思うので、価値観の変化に対応出来なければあまり長くは続かないかもそれませんね。

(メディアで見るお金持ちの人のタイプは稀なタイプなので一般的に多くいるお金持ちの人達とは価値観のズレがあります)

結婚に向いている女性はポジティブ

夫婦生活を30年以上している394組を追跡調査した研究が行われました。

その結果

夫婦関係が幸せなものであるかどうかに最も深く関わっていたのは、妻がポジティブであるかどうかだと言う事がわかりました。

その為、妻がポジティブな姿勢でいると、一緒にいる夫の幸福度も高まります。

これはカップルにも当てはまり、トラブルがあっても「大丈夫」といった態度でいてくれる女性が横にいると、男性はこの人といたいと思うようになるでしょう。

夫婦円満になる家事の配分とは

(参考 カリフォルニア大学)

良い夫婦生活を営むには何が必要かを調べた研究は、世界各国で行われていて、多くの研究者は男性の家事への参加率が夫婦円満に強く影響することが分かっています。

では家事の配分はどんな比率がいいのかというと、夫が4割の妻が6割という事がわかりました。

この割合の夫婦ほど満足度が高く、2人の関係が長く続くという結果になっていて、妻が専業主婦の場合でも割合は変わりませんでした。

これは男性の仕事への集中度や生産性には家庭環境の良さが強く影響している事と、妻は不満が溜まりにくくストレスの少ない夫婦関係になる為とされています。

男性は仕事が忙しい、疲れたという言い訳を言っている暇があったら家事の手伝いをした方が、メリットは大きいと言えるでしょう。

一緒にお酒飲む

(参考 ミシガン大学の研究)

研究が行われ4864人の成人を30年間追跡調査しました。

その結果、夫婦が一緒に少量のお酒を飲むと幸福度が高くなることがわかっています。

これはアルコールによるリラックス効果とコミュニケーションがスムーズになる為だとされています。

2人共お酒が飲めるのであれば飲みすぎに注意しつつお酒を飲んでみて下さい。

オシャレにカクテルを飲みたい時はこちらで紹介しているのでチェックして作ってみるとより良い一時になるかと思います。

スキンシップの重要性

(参考 イギリス人の人類学者ロビン・ダンバー博士)

研究の結果、キスなどのスキンシップの回数が多ければ多いほど、相手との関係性が良くなり、満足度も上がることがわかりました。

予想通りの結果にはなっていますが、スキンシップが少ないと満足度も少なくなってしまうので、日常的なスキンシップは円満を保つ為にも少しくらいは習慣としてやっておいた方が良さそうですね。

相手の話を聞き流すと離婚しやすくなる

(参考 ワシントン大学の心理学者ジョン・ゴットマン教授)

ジョン・ゴットマン教授の研究結果で

お互いの話をよく聞く夫婦ほど離婚率が低いことがわかりました。

スマホでの反応回数で言うと

・10回中9回スマホを触る手を止めた場合

・10回中3回スマホを触る手を止めた場合

では10回中9回手を止める夫婦の方が圧倒的に離婚率が低い事もわかっています。

スマホゲーム等に夢中になってしまうのもわかりますが、普段から聞かない姿勢を持っていると、不満が解消出来なく溜まりに溜まって離婚という決断に踏み入ってしまうのではないでしょうか。

この他にも恋愛についてのデータを紹介しています。

恋愛のデータ集
・異性が何を考えているのかさっぱりわからない?・どういったコミュニケーションをしたらいいの?・教えてくれる人や聞ける人が周りにいない・読んだり聞いたりして知っていても、それが本当にあっているの?・その雑誌等の情報に根拠はあるの?実...

コメント

タイトルとURLをコピーしました