夫婦関係のあれこれを論文や書籍の内容からご紹介

恋愛について
スポンサーリンク

一夫多妻、一夫一妻について

(参考 進化心理学)

・一夫多妻制では

貧乏な資産100万円の1人の男性から得られる100万円よりも

裕福な資産1億の妻10人の男性から得られる1000万円の方が得られる物が多い。

その為に、女性は競争心は少なく協調性はあるものの内心は他の女性を蹴落そうとするようになり、男性は女性をゲットしようと競争心が強くなっていった。

・一夫一妻制では

女性はいい男性を競争しなくてはいけなくなり美人がいい男と付き合いやすくなってしまい、男性はがんばらなくても女性をゲット出来るようになっていった。

世界的な割合は

・一夫多妻制 83.3%

・一夫一婦制 16.14%  

・一妻多夫制 0.47%

日本では、1898年明治31年から民法によって一夫一婦制になりました。

夫婦関係について

長続きするパートナーは?

(参考 心理学者 ジョンゴットマン)

パートナーに声を掛けられた時、作業を止めて反応することが多い人が長続きする

作業の途中に声をかけた実験で

10回中3回止めたカップルは離婚する夫婦

10回中9回止めたカッブルは離婚しない夫婦

の結果が出ました。

確認しやすいと思うので試しにやってみるといいかも知れません。

相手の事に興味関心が向いていれば、この結果になるのも納得ですね。

アイコンタクトの多い夫婦は相性が悪い

夫婦関係になって相手の事が良く分かる関係になってもアイコンタクトをする事が多い場合は相手に対しての様子を探る行為になってしまっています。

仲のいい夫婦はお互いの信頼と理解がある為に自然とアイコンタクトをしなくなる傾向にあります。

夫婦間の魅力の差で上手くいくかが決まる

・男性の方が魅力的な夫婦は上手くいかない

男性が魅力的な場合は奥さんに満足出来なくなったり、浮気をしてしまう可能性がある為

・女性の方が魅力的な夫婦は上手くいく

女性の方が魅力があると、男性は奥さんを引き止めようと献身的になる。

幸せな結婚で長生きになる

(参考 2014年に行われた寿命に関するメタ分析)

※メタ分析(メタアナリシス)とは複数の研究を統合し,いろいろな角度からそれらを統合したり比較したりする分析研究法である。

出典 ウィキペディア

この研究で、結婚している人は独身で一人暮らしの人に比べて長生きをするということが明らかになりました。

特に長生きをする人達に共通していたのは、自ら望んだ相手と結婚して、幸せな結婚生活を維持できた人達だと言う事も分かっています。

やはり望まない結婚や孤独は寿命と関係があるので、いい相手と結婚を出来るように異性を見る目を鍛えた方が良さそうですね。

妻がポジティブだと幸せになる

夫婦生活を30年以上している394組を追跡調査した研究が行われました。

その結果

夫婦関係が幸せなものであるかどうかに最も深く関わっていたのは、妻がポジティブであるかどうかだと言う事がわかりました。

その為、妻がポジティブな姿勢でいると、一緒にいる夫の幸福度も高まります。

これはカップルにも当てはまり、トラブルがあっても「大丈夫」といった態度でいてくれる女性が横にいると、男性はこの人といたいと思うようになるでしょう。

夫婦円満になる家事の配分とは

(参考 カリフォルニア大学)

良い夫婦生活を営むには何が必要かを調べた研究は、世界各国で行われていて、多くの研究者は男性の家事への参加率が夫婦円満に強く影響することが分かっています。

では家事の配分はどんな比率がいいのかというと、夫が4割の妻が6割という事がわかりました。

この割合の夫婦ほど満足度が高く、2人の関係が長く続くという結果になっていて、妻が専業主婦の場合でも割合は変わりませんでした。

これは男性の仕事への集中度や生産性には家庭環境の良さが強く影響している事と、妻は不満が溜まりにくくストレスの少ない夫婦関係になる為とされています。

男性は仕事が忙しい、疲れたという言い訳を言っている暇があったら家事の手伝いをした方が、メリットは大きいと言えるでしょう。

一緒にお酒飲む

(参考 ミシガン大学の研究)

研究が行われ4864人の成人を30年間追跡調査しました。

その結果、夫婦が一緒に少量のお酒を飲むと幸福度が高くなることがわかっています。

これはアルコールによるリラックス効果とコミュニケーションがスムーズになる為だとされています。

2人共お酒が飲めるのであれば飲みすぎに注意しつつお酒を飲んでみて下さい。

オシャレにカクテルを飲みたい時はこちらで紹介しているのでチェックして作ってみるとより良い一時になるかと思います。

息子がいると離婚率が低くなる

(参考 進化心理学)

息子がいると息子に対して将来の成功の為に教育等の外部の支援をしようとする為に長期的な関係性の維持に繋がるので息子のいる夫婦は長続きする。

娘の場合には、親が若さや外見を良くする為にしてやれる援助がほぼない為に夫婦が長期的に援助する必要がない、その為に息子よりも娘がいる方が離婚率は高くなってしまう。

離婚率が高まりやすい相手は?

(参考 ペンシルベニア大学)

2033人の夫婦を集めて17年間の追跡調査をしました。

その結果、親の離婚が関係しているという特徴がありました。(円満離婚の場合も含んでいます)

・親が離婚していない場合の離婚率は19%

・親が離婚している場合の離婚率は31%

親が離婚している場合の方が離婚率が12%も上昇しました。

理由としては、子供の頃に両親の離婚を経験していると、離婚という選択肢への抵抗が少ない為だとされました。

相手の話を聞き流すと離婚しやすくなる

(参考 ワシントン大学の心理学者ジョン・ゴットマン教授)

ジョン・ゴットマン教授の研究結果で

お互いの話をよく聞く夫婦ほど離婚率が低いことがわかりました。

またスマホを触っているときにパートナーが話し始めた場合にスマホを手放して相手の話を聞く夫婦は圧倒的に離婚率が低いという結果も出ています。

スマホゲーム等に夢中になってしまうのもわかりますが、普段から聞かない姿勢を持っていると、不満が解消出来なく溜まりに溜まって離婚という決断に踏み入ってしまうのではないでしょうか。

離婚しにくい人は子供の頃の写真でわかる

(参考 心理学者リー・アン・ハーカーとダーカー・ケルトナー)

研究が行われ、卒業アルバムでデュシェンヌ・スマイルを浮かべている人とそうではない人のその後の人生を追跡調査しました。

※デュシェンヌ・スマイルとは19世紀のフランスの神経学者が筋肉の動きから定義した「真の笑顔」偽りのない自然な笑顔の事です。

その結果、満面のデュシェンヌ・スマイルだった人はそうではない人に比べて離婚率が5分の1だった事がわかりました。

なので、将来の事を意識し始めたら卒業アルバムや子供の頃の写真を見ておくとある程度の予想が出来る事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました