失敗しない結婚相手はどんな人?を論文や書籍の内容からご紹介

恋愛について
スポンサーリンク

結婚に向いている女性はポジティブ

夫婦生活を30年以上している394組を追跡調査した研究が行われました。

その結果

夫婦関係が幸せなものであるかどうかに最も深く関わっていたのは、妻がポジティブであるかどうかだと言う事がわかりました。

その為、妻がポジティブな姿勢でいると、一緒にいる夫の幸福度も高まります。

これはカップルにも当てはまり、トラブルがあっても「大丈夫」といった態度でいてくれる女性が横にいると、男性はこの人といたいと思うようになるでしょう。

末長く幸せに暮らせる人は誠実性が高い

(参考 ワシントン大学)

研究が行われ、4500組のカップルの性格特性を診断をした後に5年間にわたって追跡し生活満足度を調査しました。

※性格診断にはビッグファイブを使用(心理学で最も信頼性の高い性格分類)

結果は、誠実性の高い配偶者を持っていた人ほど

  • ①年収が高い
  • ②上司からの信頼も厚い
  • ③仕事への満足度も高い

傾向になりました。

※誠実性はセルフコントロール能力が高く長期的目線を持つ人のこと。

なので長く良い関係になれる人を探したい時には誠実性の高い長期的計画を立てられるような人を選んでみて下さい。

オンライン上で出会ったカップルは離婚率が低く、満足度が高い

(参考 米国科学アカデミーの研究)

出会ったカップルは離婚率が低く、満足度が高いのですが、オンライン上のソーシャルメディアに依存していると離婚率倍増してしまうので注意が必要になっています。

SNSやマッチングアプリ等のオンラインでの出会いは普段出会う人の何倍もの人と交流が取れるので自分に会った人と出会い安いのかも知れません。

ネットやオンラインやSNSでの出会いについて解説

マッチングアプリ、婚活パーティのまとめサイト

相手の家庭環境から見る結婚生活

(参考 テキサス大学のアッカーマン教授)

結婚相手の家庭環境をやたら気にする人はいますがそれはホントに気にしたほうがいいのでしょうか?

実験が行われ、288名の児童を対象に彼らの家庭環境を調査し、20年後に大人になった児童達に会い家庭環境によって夫婦関係にも違いが現れるのか比較しました。

その結果

子供の頃の家庭環境は、配偶者との関係にも影響があり、温かい家庭で育った人ほど、普段から配偶者に共感して愛情をより多く表現しており喧嘩においても話し合いで問題を解決していました。

この結果についてアッカーマン教授は、人が最初に人間関係を学ぶ場所は家族で、普段から積極的に助け合える温かい家庭で育った人が、幸せな結婚生活を続けられるのは当然の事でしょうとのことです。

ですので、婚活中の方や結婚を考えている方は相手の家庭環境を見てみると将来の結婚生活が見えてくるでしょう。

離婚率が高まりやすい相手は?

(参考 ペンシルベニア大学)

2033人の夫婦を集めて17年間の追跡調査をしました。

その結果、親の離婚が関係しているという特徴がありました。(円満離婚の場合も含んでいます)

・親が離婚していない場合の離婚率は19%

・親が離婚している場合の離婚率は31%

親が離婚している場合の方が離婚率が12%も上昇しました。

理由としては、子供の頃に両親の離婚を経験していると、離婚という選択肢への抵抗が少ない為だとされました。

結婚式にかける費用はあまりかけない方がいい

(参考米エモリー大学)

式費用が2万ドルを超えた結婚式は、5000~1万ドルしかかけなかったケースに比べて離婚率が1.6倍に上ることが分かった。

お金の問題は結構大きい問題点になります。お互いに良く相談して将来の為に費用を抑える方のカップルが長続きするようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました