パプアニューギニアのコーヒー豆

コーヒー豆
スポンサーリンク

パプアニューギニアのコーヒー豆とは

パプアニューギニアにコーヒーの木が初めて植えられたのは、1930年代と言われていて、ヨーロッパの宣教師がジャマイカ産のブルーマウンテンの苗木を持ち込んだのが始まりとされています。1950年頃には、本格的にコーヒー栽培が開始されました。

パプアニューギニアでは島の中央には標高4,000mほどある山脈が連なって、国の大部分が高地になっています。コーヒー栽培は、標高1,500m〜2,000m付近で栽培されていて、火山地帯に位置している為、ミネラルが豊富で肥沃な火山灰性の土壌で栽培されています。

ほとんどが小規模農園で、栽培されるコーヒーは、アラビカ種が多く栽培されています。

パプアニューギニアのコーヒー豆の味は

パプアニューギニアコーヒーは主に、酸味が優しくフルーティな傾向があります。しっかりとコクが感じられますが、スッキリとした味わいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました