男女の価値観の違いはなぜ起きるのか?を論文や書籍の内容からご紹介

恋愛について
スポンサーリンク

男女別恋愛に求めるものの違い

・男性は刺激

子供の頃にゲームや遊びで刺激を求めていた。

・女性は現実

子供の頃におままごとやお人形で生活面を重視した遊びをしていた。

男性はポジティブに勘違いをする

(参考 アラン・S・ミラー/サトシ・カナガワ 女が男を厳しく選ぶ理由)

男性はポジティブな勘違いで子孫を増やそうとします。

男性は子孫を残す為に使う時間が短く、数をこなした方が、遺伝子を残し安くなります。

その為に男性は、うぬぼれていて、目が合っただけでも気があると勘違いする人が、たくさんの女性に声をかけ子供を多く残す確率を上げようとします。

結果男性は気があると勘違いをし、相手の思いとのすれ違いを生みます。

豆知識

・史上最も子孫を残した男性はモロッコの王 ムーレイ・イスマイールで1042人(途中でカウントやめたためカウントしたところまでです)

・男性は女性と知り合ってから事を考える期間はわずか1週間ですが女性は6ヶ月です。

女性はネガティブに勘違いをする

(参考 アラン・S・ミラー/サトシ・カナガワ 女が男を厳しく選ぶ理由)

女性は遺伝子を残す為に多くの時間を必要とします。子育ても含めるととても時間がかかります。

その為に女性はネガティブな勘違いで望まない妊娠を避けています。

もしポジティブに勘違いをしてしまうと、その相手に問題があった場合に、次の相手にすぐにいくというのは難しい為に、注意深く判断するようになっています。

結果女性は男性が自分に気があるにも関わらず、気がないと勘違いをしてしまいます。

豆知識

・史上最も子孫を残した女性はロシアのヒュードル・ワシリエフさんの妻で69人

・女性は男性と知り合ってから事を考える期間は6ヶ月ですが男性はわずか1週間です。

男女の記憶の違いと伝え方

(参考 スウェーデンのカロリンスカ研究所)

調査が行われ、記憶力に関する論文(1973年〜2013年の617件)をメタ分析し男性と女性のどちらの記憶力がいいのかを調べました。

※メタ分析(メタアナリシス)とは複数の研究を統合し,いろいろな角度からそれらを統合したり比較したりする分析研究法である。

出典 ウィキペディア

その結果

・男性脳タイプは地図、道順、数式など全体のイメージを掴む事が得意です。

・女性脳タイプは日常や映画での出来事で印象に残った言葉をストーリーと結び記憶する事が得意です。

男女で記憶力に関しては違いがある傾向がみられました。

なので、異性に何かを伝えたい時には

男性には数字や形などのイメージを伝えるようにして、女性には言葉などの言語で表現して伝えると意見の食い違いを防ぐ事が出来るようになります。

男女で恋愛に満足するポイントは違う

(参考 亜洲大学のシン・ヒチョン教授)

長く良好な付き合いの人は自然に相手が喜ぶ事をしてあげているとは思いますが具体的にどこに満足を感じているのでしょうか?

実験が行われ、200組のカップルを対象に恋人のプラスな面を聞く質問をいくつかしました。

その結果

女性は恋人から少し過剰なほど褒められている場合はそうでない人よりも22%恋愛満足度が高くなりましたが、

男性は過剰に褒められると逆に恋愛満足度が低くなってしまうという結果になりました。

これは、男女では幸せを感じ方に違いがあり、

女性は気持ちを伝えてくれたり、尽くしてくれていると感じた時に幸せを感じますが、男性は頼れる存在でいれた時や必要とされてる時に幸せを感じます。

なので女性には愛情表現をしっかりしてあげて、男性には少しお願いをしてその時に感謝の言葉を伝えるとお互いの満足度が上がり良い関係となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました