駿府ほうじ茶ラテ

各種飲み物
スポンサーリンク

駿府ほうじ茶ラテとは

茶葉の産地は玉川地区という所で、静岡県静岡市安倍川上流域の山あいにある小さな村で、川沿いの山の斜面に緑の茶畑が広がっています。

この安倍川上流域は、静岡県の中でもお茶の歴史が古い地域で、昔からお茶づくりが生活の中に根付いていました。
恵まれた環境と土づくりからのこだわり、そして積み重ねられてきたお茶づくりの歴史がある場所です。

そんな玉川地区で生産された煎茶を高温焙煎して作ったほうじ茶を使用しています。

ほうじ茶の香りと甘さその調和と、ミルクで優しい味わいのほうじ茶ラテです。

製造者

株式会社平岡商店

入手場所

Amazon

楽天

感想

甘すぎなくて程よい、飲み終わりにしっかりとほうじ茶の香りが抜けて行きます。粉末でもしっかりと風味がいいのでこのほうじ茶ラテはいいなと思いました。

お値段以上に旨いなと思える納得の味でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました