Tochigi prefecture (栃木県)

Torinokosansyo(鷲子山上神社)

The shrine here is unusual in that the middle of the torii gate is the border between Tochigi and Ibaraki prefectures.

ここの神社は鳥居の真ん中が栃木県と茨城県の県境になっている珍しい神社になります。

This shrine is known as the “Shrine of Non-Suffering” because of the large golden owl placed there.

In Japan, owls are sometimes taken to mean “no hardship.

So I ask the shrine to help me not to struggle in life.

神社には金色の大きなフクロウが置いてあり、フクロウの神社(不苦労神社)として知られています。

There are owls everywhere, watering down hardships, ringing hardship bells, and writing wishes and thanksgivings on owl mailboxes.

It was an interesting shrine with many sights to entertain visitors.

いたる所にフクロウがいて、水掛け不苦労で苦労を水に流したり、不苦労の鐘を鳴らしたり、フクロウのポストにお願い事や感謝を書いて入れるなどがありその他にもいろいろなフクロウが置いてあります。

フクロウの商品の中には、福ふくろう宝くじ袋守と言って宝くじを入れる袋があるなど不苦労でお金を欲しい人にはオススメの商品もあります。

参拝者を楽しませる見所がたくさんあるので面白い神社でした。

Google map

コメント

タイトルとURLをコピーしました